【キーワード】ネットビジネスにおける重要性

キーワードとは

普通の生活を送っている人にとって、「キーワード」という言葉はほぼ使いません。使うことがあればゲームのプレイ中くらいでしょう。しかし、ネットビジネスを行っているいいとにとては、最も重要な言葉の一つとなります。
ではキーワードとは何なのかを確認してみましょう。
すなわちキーワードとは、検索エンジンに入力される「人の悩み」や「人の欲求」そのものが言語化されたものともいえます。
人は検索エンジンに何かを入力するときには必ず言語で入力します。
それは文字なのか音声なのかは別として、日本人であれば普通は日本語という言語を入力するのです。そしてその検索文字こそがネットビジネスで「キーワード」というのです。

キーワードを狙う目的

検索エンジンはキーワードを狙って訪問者を連れてきます。だからより多くの人が使うキーワードを選定することがより多くの訪問者を連れてくるためのコツとなります。
いまネット上で何が最も調べられているか?といったことは、Googleのキーワードプランナーが有名ですが利用料がかかってくるので、aramakijake.kpやwww.related-keywords.com/といった無料で利用できるサイトをお勧めします。

検索に引っかからないキーワード選定とは

的外れなキーワードを選定している

キーワードは的を得ることにより効果を発揮します。的はずれなキーワードでは、訪問者がそのサイトを見つけることは難しいのです。

キーワードに競合が多い

例えば「ダイエット」など、すぐ思いつくキーワードは競合がすでに牙城を築いていることが多く、新規参入したとしても順位が相当低くなり検索結果に現れることが低いでしょう。

キーワードをさらに絞る

一つのキーワードであれば競合の牙城だらけということになるのなら、さらにキーワードを重ねてみる方法があります。よりニッチなエリアを狙う方法で、ロングテールキーワードとよばれます。
例えば「東京 美容室」といったキーワードは検索ボリュームが莫大になり、そんな中からあなたのサイトがトップに表示されることは相当厳しくなりますが、「東京 渋谷駅 美容室 安い」等のキーワードをつなげることにより、よりエリアの狭い検索が可能となりまる。特に美容室といったジャンルではGoogle Mapとの連携も必要となるため、そういったピンポイントのキーワードは当然になるのです。
つまり「より明確な欲求」を解決することが重要となるのです。

キーワードを上手く使って上位表示を目指す

キーワードを上手く使って上位表示を狙うことは、それまでの努力が成果を上げることにつながります。キーワードは検索の要となる部分なので、ここはしっかりと勉強したいものです。

関連記事

  1. 顧客(ファン)を増やす方法とは

  2. 【ブログ】セキュリティ対策のためのSSLを設定しよう

  3. 【マーケティング】戦略と戦術の違い

  4. 【ネットビジネス】ターゲットを絞る技術

  5. フェイスブックページを作ろう!

  6. 【マーケティング】現在と昔、大きな違いとは?

  7. 顧客(ファン)とは誰か?

  8. 【マーケティング】LTVを意識することが重要な理由

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。