【時代を先取り】これからの資格

資格とは

資格が制定される業界とは整備された業界ともいえます。整備されたとは、ある程度のルールが明文化された業界ともいえるのです。
ということは、資格がなければ従事できない職業が当然のように存在するのです。
資格には国家資格や民間資格等が存在し、国家資格ともなれば不所持ではその業務に従事できないことが多いのです。
また資格が制定されるということは、それだけ従事している人も多いということもいえるのです。

資格を取得することによるメリット

資格を取得することのメリットは、その業界で堂々と生きていくことができるということです。資格には免許ということもあり先述したように国家資格が必要な職業では当然といっていいほど、取得が必須となります。

資格は変遷する

資格とはその時代に対応するものも少なくありません。
「電話交換取扱者」や「パーソナルコンピュータ利用技術検定試験」などはすでに消滅しています。その他まだまだ多数存在するのですが、逆に新しくできた資格も存在するのです。

新しく制定された資格

新しく制定された資格で、現代社会を最も反映しているといえるものは
「ドローン操縦士」の資格でしょう。
これまで趣味の一環としてのドローン操縦が、これからの時代においては輸送手段の一つとしてビジネス界から注目を浴びています。
大手運輸会社などではすでに米国等ででドローン輸送の実験を繰り返しており、数年後には確実にトラックに変わる代替輸送手段となる可能性が高いのです。
そんなドローン操縦にも、資格というものが誕生したのです。

ドローン操縦は資格が必要なのか?

現在、ドローン操縦を趣味で楽しむ程度では資格は必要ありません。しかし、2015年四月に首相官邸の屋上にドローンが墜落したことをきっかけに、次々と法令が各自治体レベルでも制定されつつあるのです。
また飛ばす場所によっては「航空法」や「電波法」その他多くの法令が適用されることもあり、一概に無条件で楽しめる存在とはいえなさそうです。

ドローン操縦士のメリット

ドローン操縦士を受けるメリットといえば、資格化されたということで体系的に法令や操縦方法が身につくことでしょう。街中での制限も理解できるようになるため、「知らなかった」という違法行為が無くなるということになります。法律とは知らなかったでは済まされないので、大きな事故を防ぐことにもつながるのです。

関連記事

  1. パウエル議長解任か?

  2. 結果を出す人・すぐにあきらめる人の決定的な違いとは?

  3. AI化していく職場

  4. 日本企業の自社株買い

  5. トランプ大統領のTweet外交が炸裂!

  6. 【学習】「忘れない」科学

  7. 年金問題を考える

  8. 情報弱者とは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。