【ネットビジネス】ターゲットを絞る技術

セリ
セリ

ネットビジネスって誰にターゲットを絞ったら良いのか迷うことが多いのよ。言葉って抽象的で結構難しいわ。

サラ
サラ

ですよね。具体的な言葉を選んでしまうと非常に限定的になってしまいそうな気がするし。

ターゲットが大切だということは、ネットビジネスに限らずどんな分野にとっても重要だ。どんなに威力の強い銃でも、的を絞らない限り当たらないからね。ターゲットを絞るという行為を、マーケティングではターゲティングという。しかし、ターゲティングする前に根本的で大切な考え方があるんだ。

マーク
マーク
セリ
セリ

えっ?それはどんなこと?

うん。ターゲットを絞る前に大切なこと。それはターゲットを絞る層を決めるということだ。これをセグメントの選定という。セグメントとは、例えば年齢別、性別、住んでいる地域など、ターゲットを絞るためにそういった細かなセグメントを選定する必要があるんだよ。
例えば薄毛に関するキーワードを選定しても、それが子供たちにとっては全く興味を持ってもらえない。

マーク
マーク
セリ
セリ

とにかく的を探すってことね。確かに的が鮮明であればあるほど、照準は性格になる気がするわ。

サラ
サラ

確かにそうですね。漠然とぶっ放しても当たらなければ意味がないですもんね。受け手からのレスポンスが大切なんですよね。

そういうことだよ。
セグメントを選定し、ターゲティングをし、ポジションを持つ。これがマーケティングのSTPといわれるものだ。
Sはセグメンテーション、Tはターゲティング、Pはポジショニングのことだよ。
この技術を導入することにより、書き手の思考の流れに一貫性が生まれ、本当にリーチしたい人の目に止まる記事を書くことができるようになるんだ。

マーク
マーク
セリ
セリ

マーケティングのSTPかぁ。
私も意識しなくちゃね。

サラ
サラ

ですね。私もSTPを意識します!

  • マーケティングはSTPが大切
  • STPとはセグメンテーション、ターゲティング、ポジショニングの略
  • STPを明確にすることで的が絞りやすくなる
  • 的が絞れると効果的なメッセージを届けることが可能となる

関連記事

  1. 【マーケティング】戦略と戦術の違い

  2. ネットビジネスが継続する方法

  3. 【ブログ】Facebook広告の(我慢できずに)経過報告!

  4. 顧客(ファン)とは誰か?

  5. 【キーワード】ネットビジネスにおける重要性

  6. 【マーケティング】現在と昔、大きな違いとは?

  7. 【マーケティング】記事作成時に意識すべき「3つのNOT」とは?

  8. 【ブログ】セキュリティ対策のためのSSLを設定しよう

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。