【副業】低予算で始めることができる副業

副業OK!という企業が増えた

最近、特に大企業において副業を解禁するといった行動が加速しています。
特にIT関係においては、従業員が副業を行うことによりスキルアップにつながるということで好評のようです。

副業とは

では副業にはどういった種類があるのでしょう。
実は副業は多岐に渡っており、人によって見方が違ってくるため一概に定義が難しいのです。
普段はサラリーマンとしてお給料をもらいながら会社へ通勤することが本業とすると、これまでの労働に加えてさらにお給料をもらうといった働き方を追加するだけなのであれば、結局自ら進んで長時間労働をこなしているだけとなるため、その働き方は苦痛以外の何者でもないといえるかもしれません。だから単なる時給のアルバイトなどをすることは、ここでいう副業とはちょっと違います。

副業の種類

ここでいう副業とは、自宅で隙間時間に取り掛かることができるという定義で進めていきたいと思います。そういうこととなると、当然PCを使用しての業務がメインとなります。
ではどういった種類があるのでしょう。例えば、
1)ブログ・サイト運営でのアフィリエイト
2)YouTube動画での広告収入
3)動画編集の請負
4)サムネイルなどのイラスト作成
5)商品の転売
他にも種類があると思いますが、ここでは以上について検討してみたいと思います。

ブログ・サイト運営でのアフィリエイト

これまでもっとも多くの人が参入した副業の一つといっても過言ではありません。
実際にアフィリエイトで成功する人は全体の数パーセントといわれています。
しかし、サラリーマンにとってもっとも向いている副業といえなくもないのです。
その理由としては以下にまとめてみましょう。
●自宅でコツコツを隙間時間が使える
●ある程度放置が可能
●始めるときの予算が低め
●使用するPCも低スペックで可能
つまり、サラリーマンの本業を疎かにしなくても気長に構えるのであれば続けることができるということです。同時にマネタイズの方法を学ぶことにより、ネットビジネスへの造詣が深まることは間違い無いのです。
また自宅にPCがあるのであれば、少々低スペックでも参入が可能ですし、さらに参入時の予算がドメイン代とレンタルサーバー代でほぼ終わりということです。つまり、年間予算として2、3千円から参入できるのところがもっとも魅力的なのです。

YouTube動画での広告収入

YouTubeなどの動画配信は、参入するにあたり人によって障壁がマチマチです。
スマホ一つで参入は可能な世界なので、少々のアダルト系を含むコンテンツであればいきなりバズることもあるでしょうが、最近のYouTubeは規約も厳しくなっているため注意が必要です。しかし、YouTubeでバズりやすい動画はやはり美女の肌を露出したものも多いため、やはりそこはこれまでのテレビ時代と変わりは無いのでしょう。
逆に動画スキルを向上させながらとなると、PCもハイスペックなものが必要になります。
予算としては15万前後のPCが必要となります。
さらにゲーム実況配信となるとさらに多くのPCパワーが必要となるので、20万以上の予算が必要となるでよう。
また、マイクやそれに被せるポップガード、さらにはオーディオインターフェイスなど、本格的にやるためには結構な予算が必要となってきます。

動画編集の請負

売れっ子ユーチューバーは動画編集をしてくれる人を探していることが多く、ネットでその仕事は簡単に探すことができます。1本あたり千円前後から数千円と幅は広いのですが、もし自身が高度なスキルを持っているなら、確実に報酬がもらえるこの動画編集は向いているともいえます。
必ず報酬が発生するという点では本業と同じポジションです。
こういった仕事はクラウドワークスなどで見つけることが可能です。

サムネイル等で使うイラストなどの作成

先述の動画編集と合わせて、売れっ子ユーチューバーはサムネイルの作成という作業も発注していることが多く、こちらもネットで比較的簡単に見つけることができます。
単価としては一枚数百円から数千円と金額には大きな開きがあります。
特に人目を引くサムネイルを作ることが得意になればそれは価格に跳ね返ってくるということです。

商品の転売(セドリ)

こちらは自分が抱えている商品を、アマゾンなどのネットショップで転売する仕事です。数年前はこの転売業は大きな発展を遂げました。しかし、最近はディスカウント感が強く、利幅がそんなに無いということも聞きます。やはりあらゆるところで価格競争が発生するため、参入するとなるとその競争に巻き込まれることは当然といえそうです。

まとめ

副業とはパラレル・キャリアといえます。
キャリアというためにはそれなりのスキルが必要です。
しかし、スキルは続けることで確実に向上するため、いずれはあなたの財産になることは間違いありません。
かつてドラッカーはパラレル・キャリアの必要性を説きました。
そしてそのパラレル・キャリアを始める前に、かなり前から準備をすべきだともいっています。
現代は突然企業が不調になることが多いのです。整理解雇や倒産などいきなりやってきます。
その時に突然始めることは副業とはいいません。
副業とは隙間時間で自分のスキルを活かしたり、向上させたりしながら行うべきものです。
したがって、今特に困ってないような人なのであれば、その状況で始めることがもっともベストな状態ともいえるのです。
一度真剣に【副業】を考えてみてはいかがでしょうか?

関連記事

  1. 【残業】その残業、必要ですか?

  2. 派遣はこう変わる<派遣法改正後の同一労働同一賃金>

  3. 男女の所得格差をうめるもの

  4. 同一労働同一賃金がヤバイ理由

  5. 【副業】絶対おススメ!WordPressテーマとは?

  6. 【就職】これまでの日本型就職が危険である理由とは

  7. 【転職】40代の転職で注意すべき点とは

  8. 【残業時間】働けなくなる従業員

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。