【マーケティング】戦略と戦術の違い

マーケティングの戦略と戦術とは

ビジネスは市場で戦わなければ競合に勝つことができません。だからと言ってヤミクモに戦いを挑んだところで、勝つことは難しいといえます。戦う時には必ず「戦略」を立て「戦術」を練る必要があるのです。
では「戦略」と「戦術」の違いとはどのようなものなのでしょう。

マーケティング戦略とは

戦略とは目標を達成するための道すじや方針のことを指します。どんな価値を誰に、どのように提供するかの尺度となりうるモノです。
例えば自動車メーカーが商品開発をするときの戦略は、どの性別に、どの年代に向けて、どのような予算を持った層か、といったことが戦略となります。

マーケティング戦術とは

戦術とは戦略によって決められた目標を達成するための方法・手段となります。
40代既婚男性をターゲットにした自動車を販売するときに、どのようなメディアを使い、どのようなプロモーションを仕掛けていくか、といったことが戦術となります。

ビジネスにおいてマーケティングは最も大切

企業にとってマーケティングは最も大切な要素であることは、経営の神様といわれる
ピーター.F.ドラッカーも明言しています。
マーケティングを行うことによって企業は販売活動というプロセスを省略することが可能となるのです。

マーケティングとブランディングの違いとは

補足となりますが、ここでマーケティングとブランディングの違いについても言及させていただきます。

マーケティングとは

マーケティングとは「顧客の創造」といわれるように、自社のサービスや商品が勝手に売れていく仕組みづくりを指します。マーケティングが成功すると、企業では販売活動が不要となり、自動的にサービスや商品が市場で買われていくのです。

ブランディングとは

ブランディングとは企業や組織の価値を高めることにあります。ブランディングは数値や値段では図ることが難しい、他社にはまねができない独自性の向上を目指すことにあります。ブランド力が高まればそれは当然として、マーケティングにおいてもプラスの働きとなるのです。

関連記事

  1. フェイスブックページを作ろう!

  2. 【ブログ】気が乗らないときに一気に記事を書く方法とは

  3. 【ブログ】セキュリティ対策のためのSSLを設定しよう

  4. 【マーケティング】現在と昔、大きな違いとは?

  5. 顧客(ファン)とは誰か?

  6. 顧客(ファン)を増やす方法とは

  7. 【マーケティング】サブスクリプションサービスって何?

  8. 【ブログ】Facebook広告の(我慢できずに)経過報告!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。