【マーケティング】記事作成時に意識すべき「3つのNOT」とは?

ブログやサイト(以下サイトと表記)を運営すると、自分の記事が人目に触れるような工夫を凝らす必要に迫られます。

とにかく自分のサイトに読者が流入してくれないのであれば、それは存在してないのも同じなのです。

そこで読者の流入と滞留時間を増やすために、マーケターたちが常に意識すべきことが3つあります。

その3つとは「3つのNOT」といわれるものです。

「3つのNOT」とは以下の言葉となります。

  • NOT Read
  • NOT Believe
  • NOT Act

これらは読者がサイトに訪問してきた際の、読者の心理状態を指します。以下に詳しく確認してみましょう。

Not Read

読者がサイトに訪問してきた際に真っ先にぶち当たる壁は「読まない」というものです。サイト構成がごちゃごちゃしていたり、やたらと多く張られた広告などで、読んでいる読者に不信感を与えるようなサイト構成が原因です。

また魅力的な記事が無さそうというのも問題でしょう。サイト運営において、最も最初に意識すべきことは、とにかく読者に「読ませる」ということなのです。

記事は一文目が最も大切だといいます。これは米国の有名なコピーライターのジョセフ・シュガーマンがその著書において記していることで「滑り台効果」といわれます。

一行目の存在目的は二行目を読ませることにあり、二行目の存在目的は三行目を読ませることにある、というものです。

この理論で行くとキーワードで満たされた「ヘッドライン」が最も大切なポイントとなることがお分かりいただけると思います。

NOT Believe

仮に読者が記事をすべて読んだとしても、その記事の内容をすべて信じるという読者は少ないでしょう。読者はこれまでの人生経験から判断するので、あまりのも突拍子もないことを発信していると信用されないのです。

この信用を得るために、サイト運営者は引用を駆使したり口コミを設置したりと、信用を得るために様々な工夫を凝らすのです。

NOT Act

仮にサイトの記事を信じたとしても、それを購買へとつなげるためにさらに多くの労力が必要となります。

人が行動するときは、「何か欠けたもの」を感じるときです。その「欠けたもの」を満たすことができそうなオファーが目の前に出現した時に、人は行動を起こすのです。

  • おなかが空いたときに食事が目の前に出てくれば手が出ます。
  • 失恋した時には、心の穴を埋めようと自暴自棄になります。
  • 理想の自分になれそうなオファーが現れれば、欲しくなる。

行動するということは運動するということなのです。運動するということはものすごい莫大なエネルギーが必要となるのです。

そのエネルギーを湧き出させるようなオファーが必要となるのです。

この「3つのNOT」を意識することで、いまよりもっと素敵なサイトへと変貌すすることは間違いありません。

関連記事

  1. 顧客(ファン)を増やす方法とは

  2. 【ブログ】セキュリティ対策のためのSSLを設定しよう

  3. 【マーケティング】LTVを意識することが重要な理由

  4. ネットビジネスが継続する方法

  5. 【ネットビジネス】ターゲットを絞る技術

  6. 【ブログ】Facebook広告の(我慢できずに)経過報告!

  7. フェイスブックページを作ろう!

  8. 【ブログ】気が乗らないときに一気に記事を書く方法とは

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。