FX取引でよく使われるテクニカルを超簡単に解説

FXを始めるならどうしてもテクニカル分析の技術が必要になってくるでしょう。テクニカル分析の種類はとても数が多く、どれが一番という基準はありません。人によって使いやすい使いにくいが発生してしまいます。

FXトレーダーが多く使っているものというとやはり”RSI(相体力指数)”でしょう。「現在買われ過ぎ」「現在売られ過ぎ」などのシグナルが非常にわかりやすい指標です。注意する点としてはチャートの上限線が”買われ過ぎ”のサインと言われますが、指標発表などはしばらく上限線以上を突き抜け続ける性質があります。また逆も然りで、下限線は”売られすぎ”のサインとなりますが、指標発表時などは下限線をさらに突き進む性質があります。”RSI”を使うならこの点を十分認識してご利用ください。

”ボリンジャーバンド”もよく使われている指標です。偏差を表す指標でもみ合い相場とトレンド相場が一目瞭然で理解できます。こちらはバイナリーオプションをトレードする人たちにとって必須のアイテムとなっているようです。

難しいテクニカルとして”一目均衡表”が挙げられます。こちらの指標は転換線、基準線、遅行スパン、先行スパン1、先行スパン2の5本の指標を見比べて今後の相場変化を見ようとするテクニカルです。使い慣れれば非常に有効で、抵抗線、支持線の判断基準がしやすくなります。

“MACD”という指標は読んで字のごとく”移動平均線がくっついたり離れたり”という意味で、短期、長期、シグナルの3つで構成されています。この指標は”短期線”が”長期線”とゴールデンクロスしたときに”買いサイン”となります。また結構早めにサインが出てしまうのでシグナルの動きも注意して見なければなりません。

その他DMIやストキャスティクス、またモメンタム等テクニカル分析技術はとにかくたくさん存在します。

そのたくさん存在するテクニカルそれぞれ何度か利用してみて、自分にあったテクニカル指標を利用するのが最も理にかなった選択といえそうです。

関連記事

  1. FX最強取引口座”XM”でデモ画面を使い倒す

  2. 株価下落からどうなるのか?

  3. 【投資】中国依存脱却か?安倍首相が語った「国内回帰」

  4. 負け続けるトレーダーがしがちなエントリー方法とは

  5. 投資に対する認識の違い

  6. FX(外国為替証拠金取引)を学ぶ

  7. 【FX】自粛ムードは広がるもダウ上昇中

  8. 【FX】急激な円安の理由を考えてみよう

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。