本日の為替情報

本日のネタ

14:00 日)景気動向
15:00 独)製造業受注指数
21:30 米)雇用統計
21:30 加)雇用統計
23:00 加)lvey購買部協会指数

本日の相場

昨日は米国独立記念日のため市場参加者が減少したようで、
一日を通しての値動きは少なめでした。
開けて本日の日経平均も若干の下げが見られますが、
まだ市場は様子見のようです。
いよいよ本日のメインイベントである、
米国の「雇用統計」が発表されます。
先日の「ADP全国雇用者数」と「ISM非製造業景気指数」は
ともに数値が減少し、ドルの下げ圧力がさらに増しました。
本日の「雇用統計」の結果を受けて、米国の利下げが
本当に実施されるかどうかが決まりそうです。
そういった点からも本日の結果は今後の
米国市場の動向を決定づけるものになるでしょう。

本日の他通貨

米国の「雇用統計」と同時刻にカナダの
「雇用統計」も発表されます。
カナダにしてもこの数値は下がってきているようなので、
対円に対して米国との相乗効果的下げも考えられます。
また欧州ではECB総裁が交代することを前提に
現行のドラギ総裁が「さらなる量的緩和策」を
実行するとみられているため、
対ユーロを見ても今後の大きな変化の兆しが
見て取れるかもしれません。

関連記事

  1. FX最強取引口座”XM”でデモ画面を使い倒す

  2. FX取引するときにチェックすべき有用な無料サイトをご紹介

  3. 【投資】金持ち父さん貧乏父さんにみる稼ぐ人の特徴とは

  4. FXとは?メリットとデメリット

  5. 7月中の利下げ観測後退か?

  6. 英国経済は大丈夫?

  7. 【FX】FX初心者が使いやすいテクニカル指標はどれ?

  8. FX取引を始める前に

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。