本日の為替情報

本日のネタ

14:00 日)景気動向
15:00 独)製造業受注指数
21:30 米)雇用統計
21:30 加)雇用統計
23:00 加)lvey購買部協会指数

本日の相場

昨日は米国独立記念日のため市場参加者が減少したようで、
一日を通しての値動きは少なめでした。
開けて本日の日経平均も若干の下げが見られますが、
まだ市場は様子見のようです。
いよいよ本日のメインイベントである、
米国の「雇用統計」が発表されます。
先日の「ADP全国雇用者数」と「ISM非製造業景気指数」は
ともに数値が減少し、ドルの下げ圧力がさらに増しました。
本日の「雇用統計」の結果を受けて、米国の利下げが
本当に実施されるかどうかが決まりそうです。
そういった点からも本日の結果は今後の
米国市場の動向を決定づけるものになるでしょう。

本日の他通貨

米国の「雇用統計」と同時刻にカナダの
「雇用統計」も発表されます。
カナダにしてもこの数値は下がってきているようなので、
対円に対して米国との相乗効果的下げも考えられます。
また欧州ではECB総裁が交代することを前提に
現行のドラギ総裁が「さらなる量的緩和策」を
実行するとみられているため、
対ユーロを見ても今後の大きな変化の兆しが
見て取れるかもしれません。

関連記事

  1. 【FX】FX初心者の超基本!水平線を使ったテクニカル分析方法

  2. 最強FX”XM”は小さな投資で大きなリターンを目指す

  3. 為替市場は24時間開いている

  4. FXとは?メリットとデメリット

  5. 【FX】エントリーする前にニュースをチェックすべきでない理由

  6. G20で為替はどうなるか?

  7. 【FX】米国は利下げするのか

  8. 【FX】為替市場でのインサイダーとは?情報弱者でも勝てるFX奥義

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。