FX取引を始める前に

ロットを確認する

FXは業者によって1口あたりのロットが決まっていて、
投資家たちは自分の懐状況に応じて
参加するロットを変えています。
各社が提供するロット数は基本的に
10000通貨単位が多いようです。
1ロットが10000通貨ということです。
そして会社によってその1/10である
1000通貨でのエントリーが
できるところもあります。

倍率を確認する

FXはレバレッジをかけてする取引です。 レバレッジとは「テコ」という意味です。 あるまとまった資金にレバレッジ(倍率)を効かせて 取引をするということです。 日本国内でのレバレッジには規制が存在し、 最大で25倍が限界のレバレッジとなります。 だから10万円の資金で250万円の 取引効果を得ることができるということです。 また海外のFX業者であれば500倍や1000倍という 驚異的なレバレッジを用意しているところもあります。 レバレッジは大きければいいというものでもありません。 また海外業者であれば日本国内の法律が及ばないこともあります。 海外業者を選ぶ場合は慎重に選びましょう。

Demo画面で練習する

FX取引を始める前には必ず各社が提供している
Demo画面で練習しましょう。
ほとんどがメアド登録だけでエントリーできます。
その中でチャートを見てみたり
最初は適当でもいいので実際にある程度のロットで
エントリーしてみましょう。
あっという間に自己資金が増えたり減ったりという状況が生まれます。

経済指標発表時にDemoで値動きを確認する

経済指標発表時にDemo画面を開いてみて
実際どの程度の値動きが発生するかチェックしてみましょう。
世界の基軸通貨であるアメリカドル(USD)に関連する
米国大統領の発言(Twitterなども)や、
FRB議長の発言は各通貨に非常に大きな影響を与えます。
また日本では日銀総裁の発表にも大きな影響を受けます。
普段の生活では意識しない彼らの口から発する言葉が
世界経済に与える影響の大きさを実感できる瞬間です。
ぜひ経済指標発表時にはDemo画面を開いてみましょう。

関連記事

  1. 急激な円安の原因とは

  2. 「待つ」勇気

  3. 日経株価暴落

  4. 【FX】米国は利下げするのか

  5. ドル円は大きく窓を開ける展開へ

  6. 投資に対する認識の違い

  7. FX取引でよく使われるテクニカルを超簡単に解説

  8. 【投資】金持ち父さん貧乏父さんにみる稼ぐ人の特徴とは

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。