Futuro coin(FTO)とは?

仮想通貨Futuro Coin(FTO)とは?

Futuro Coin(以下FTO)はフュートゥロコインと読み、
迅速な取引を可能とし、同じコインで二重決済することがなく、
一人分の手数料で10人まで送金が可能な
決済において優れた性能を備えた通過です。

処理速度の速さは他のコインを圧倒する

FTOはあらゆる場面での決済を可能とします。
決済通貨として最も重要なスペックの一つとして
送金速度が挙げられると思います。
最も有名な仮想通貨であるビットコインは
実は決済に向いていないという側面があります。
それは処理速度が非常に遅いのです。
送金して受取人のウォレットで確認されるまでに、
およそ10分程度の時間が経過してしまいます。
しかし、このFTOであればたった”4秒”という
驚くほどの速さで受取人のウォレットに転がり込むのです。
これはFTOが高度な技術に支えられていることを裏付けます。
仮想通貨が世間に広まっていけば、
当然として処理速度が早い方が圧倒的に
有利であることは疑う余地もありません。

二重支払いを防ぐ

多くのネット決済において二重支払いという
トラブルにも対応が可能です。
このコインには二重支払いを防ぐ機能が備わっています。
デジタルコンテンツの支払い等では返金不可というところも多くあり、
そういったコンテンツの購入には特に力を発揮しそうです。

取引手数料が圧倒的に安い

決済通貨として位置付けられているこのFTOは
手数料が安いということも特筆に挙げられる。
手数料が高ければ決済通過としての普及は厳しくなりますが、
このFTOは一人分の決済料金で10人まで手数料は
同額となるようです。

F1スポンサーとして登録

仮想通貨業界史上初としての
F1レッドブルチームの公式スポンサーとして登録しています。
またATMが稼働しておりビットコインとの交換が可能となっています。

今後のFTO

FTOはすでに世界中の取引所に上場しています。
我々が「決済通貨」として一番に思いつくのがリップルのXRPですが、
FTOの利便性を見てみると今後の決済業界の地図を
塗り替えるポテンシャルを秘めています。
5Gの世界が広がり、キャッシュレスがもっと広がれば、
このFTOの需要はもっと高まるに違いありません。

関連記事

  1. Qtum(クオンタム)とは?

  2. ビットコイン(BTC)相場

  3. 仮想通貨を安全に保管する方法

  4. フェイスブック仮想通貨”リブラ”頓挫?

  5. ビットコインキャッシュ(BCH)とは?

  6. ビットコインは10万ドルを突破するのか?

  7. マイニング(採掘)とは

  8. イーサリアム(ETH)とは

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。