FXで絶対にやってはならないこととは

FXは博打ではなく投資です。
投資をやるからにはエントリーするときは、
真剣に臨むべきです。

慣れないうちは、あらゆる情報を仕入れようと
ネットサーフィンをしながら、
ファンダメンタルズ音痴であっても
必死で自分なりに情報を拾い集め、
エントリーの時には全霊を込めて
エントリーするものです。

しかし、慣れは恐ろしいもので、
例えば「経済指標の発表」などは
毎月同じような日に
同じような指標が発表されます。
日々情報を仕入れていくと、
なんとなく次の指標の予測が
自分でもできるような気がしてくるものです。
そして、エントリー前に
「米国の大統領がああ言っていたから、、、。」
などと思い込みでエントリーしてしまう時があります。

なぜフライングしてしまうか?というと
少しでもPipsを稼ぎたくて慌ててしまっているのです。

そしてFXでは絶対やってはいけない方法、、、
投資全般に言えますが「絶対御法度」なのは
「裁量取引」なのです。

この”なんとなく”に近いニュアンスの「裁量取引」が
元本以上の損失をもたらす可能性のあるFXにおいては
即死の致命傷を喰らってしまうことになるのです。

「裁量」とは辞書で引いてみましょう。

[名](スル)その人の考えによって判断し、処理すること。「君の裁量に任せる」「店の経営を一人で裁量する」

出典: dictionary.goo.ne.jp

と出ています。
世界の経済は数字に基づいて取引されています。
トレーダーたちは各々の目標に向かって
数字を見ながら必死で駆け引きしています。
しかも近年そのトレーダーの仕事を
主に「AI」が代行しています。

人工知能は世界中のネットにアクセスし、
数字を見比べ、要人発言のキーワードを参照し、
トレードを行なっています。

ある意味、人工知能には「裁量判断」がありません。
プログラム通りにトレードするだけです。

だから昨年末も売りが売りを呼ぶ、
いわゆる「売りの連鎖」がもたらされたともいえます。

だからそういった人工知能がメインの相手であればあるほど、
「裁量」の判断を無くし、
我々は”人のトレーダー”として
常に結果の数字に忠実にエントリーしていくのが
王道といえるのではないでしょうか?

エントリーする前には必ず真剣に
各指標のチェックをすることで
あなたの資金管理がもっと
しっかりしたものになるに違いありません。

関連記事

  1. 【FX】FX初心者の超基本!水平線を使ったテクニカル分析方法

  2. 日経株価暴落

  3. 投資に対する認識の違い

  4. 英国経済は大丈夫?

  5. 【FX】中央銀行の弱体化がもたらす金融市場崩壊

  6. 【経済】4月の経済 資本主義の正念場?

  7. 7月中の利下げ観測後退か?

  8. 【FX】FX初心者が使いやすいテクニカル指標はどれ?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。